にんにくを食べすぎると副作用をもたらす

にんにくを食べすぎると副作用をもたらす

にんにくはスタミナ食材や精力アップ、生活習慣病予防やがん予防にも効果的です。

にんにくはスタミナ食材や精力アップ、生活習慣病予防やがん予防にも効果的で

最近では、無臭のサプリメントや栄養ドリンクなど様々な形でにんにくを摂取することができるので便利ですよね。

 

しかし、にんにくは非常に強い成分のアリシンが含まれており、食べ過ぎると副作用のような腹痛や下痢、頭痛といった症状が起こることがあります。
にんにくをを食べ過ぎて救急車で運ばれてしまう人もいる程なので、注意が必要です。にんにくは適量を食べれば健康維持や美容にも役立ちますが、食べ過ぎると逆に体調が悪くなってしまうので、気をつけなければなりません。

 

そこで今回は、にんにくを食べ過ぎてしまった時に起こる副作用について解説していきましょう。

 

にんにくを食べすぎると副作用をもらたす

にんにくは食べ過ぎてしまうと副作用のような症状を引き起こします。
正確には、副作用は医薬品に使われる言葉ですので、食品であるにんにくには副作用はありません。しかし、にんにくを食べ過ぎた時に体に副作用のような悪影響が起こることを意味します。

 

にんにくの成分は強い殺菌作用があるため、食べ過ぎてしまうと消化器系に影響が出ると実証論文が発表されています。

 

にんにくを食べ過ぎるというのは、1日にまるまる1個、つまり10片以上食べると過剰摂取となり体に不調が現れる可能性があるということです。

にんにくを食べすぎると副作用

にんにくの食べ過ぎによる副作用は、

  • 腹痛
  • 下痢
  • めまいや頭痛
  • 皮膚が荒れる

といった症状が起こります。

 

特に生のにんにくを食べると、臭いと辛味の成分であるアイリンが胃腸に刺激を与えて、体に不調が現れます。

 

生のにんにくは胃の中を強い刺激が襲う

加熱したにんにくでも副作用の症状は起こりますが生のスライスしたにんにくやすりおろしたにんにくはもっと刺激が強いです。生のにんにくは胃の中を強い刺激が襲うので特に空腹時に何個も食べるのは控えた方が良いでしょう。

 

そして、生のにんにくや加熱したにんにくを食べるだけでなく、接触する頻度が多い場合も副作用のような症状か起こるので、注意が必要です。

 

にんにくの食べ過ぎによる副作用の症状

ここからは、にんにくを食べ過ぎた時に起こる副作用の症状をみていきましょう。

 

①胃痛や腹痛

にんにくは1日に4片まで摂取すると、胃の粘膜を刺激し消化を促進させるので胃腸を活発化させるのに役立ちます。しかし、空腹時に生にんにくを食べ過ぎると胃腸を刺激しすぎて胃痛や腹痛を起こす可能性があります。体調が悪い時などは胃壁を荒らすこともあるのでくれぐれも食べ過ぎには注意が必要です。

 

②胃腸の環境を悪化させる

胃腸には善玉菌と悪玉菌が共存していますが、適度ににんにくを摂取すると悪玉菌が除去されて胃腸環境が良くなります。しかし、生にんにくを食べ過ぎると殺菌作用が強く働きすぎて腸内の悪玉菌だけでなく善玉菌も殺してしまうのです。すると胃腸環境が悪くなり腹痛や胃が痛くなったり胃壁の炎症や痛みを引き起こします。

 

③下痢や便秘

にんにくを食べ過ぎると下痢や便秘になってしまう方も多いのではないでしょうか?にんにくの過剰摂取は、胃腸で殺菌作用が働きすぎて消化に必要なビフィズス菌までも殺菌してしまいます。そのため、腸内の善玉菌がなくなるので消化と吸収が上手くいなくなり下痢や便秘を引き起こしてしまうのです。

 

④口角炎や皮膚炎

腸内にはビタミン生産菌という細菌の働きによってビタミンが生産されて健康を保っています。しかし、にんにくを食べ過ぎると腸内にあるビタミン生産菌も除菌してしまうのでビタミン欠乏症が起きる可能性あるのです。特にビタミンB2が不足すると、口角炎や舌炎、皮膚炎などの症状が現れるので注意しましょう。

 

⑤貧血

毎日、にんにくを1日4片まで摂取すると鉄分の吸収をアップするので貧血予防になりますが、にんにくを過剰摂取すると逆に貧血になりやすくなりますにんにくを食べ過ぎると、血液中のヘモグロビンが減少して溶血作用が強くなるので貧血やめまいといった症状が起きるので注意が必要です。

 

⑥アレルギー

にんにくを食べ過ぎるとアリシンが変化したジアリルジスルフィドがアレルゲンとなってアレルギー性皮膚炎を引き起こすことがあります。にんにくを扱う調理の時にでるアレルギー症状なのでにんにくを触り続けている人も注意が必要です。

 

以上のように、にんにくを食べ過ぎると体に多くの不調が現れるため、過剰摂取は体に良くないことがお分かりいただけたかと思います。にんにくの健康・美容の効果を得るためには、適度に摂取することがポイントです。

 

 

にんにくの副作用を防ぐために気をつけることは?

冒頭にも述べたように、にんにくは適度に食べれば健康維持に効果がある優秀な食べ物です。

 

にんにくの適切な摂取目安量は1日に4片までですが、1日に10片以上食べると過剰摂取

にんにくの適切な摂取目安量は1日に4片までですが、1日に10片以上食べると過剰摂取になるので注意しましょう。

 

にんにくを過剰摂取すると、胃腸へ負担がかかるので薬やサプリメントの吸収も阻害してしまいます。

 

そのため、風邪薬やサプリメントを摂取している時ににんにくを食べ過ぎないようにしたり、食べる時間をずらすと良いですね。風邪をひいているときは胃腸が弱っているので生のにんにくは刺激が強すぎるので食べ過ぎには注意してください。

 

海外では、外科手術や出産前ににんにくを摂取すると出血を促進してしまうため、禁止することもあるのです。にんにくの過剰摂取はいつでも体に良くありませんが、特に妊娠中や授乳中の場合は控えるようにしましょう。

 

鬼龍院翔さんがにんにくを食べ過ぎ

最近では、2015年にヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんがにんにくを食べ過ぎて、医師の診察を受けていたことをブログで明かしました。
日本テレビ系の「嵐にしやがれ」に出演した時に、一番スタミナの数値が上がる食べ物を体で検証する内容だったそうです。

 

そこで、鬼龍院さんはにんにくを食べて元気になれることを体で証明しようとしたのです。

 

ところがある日、鬼龍院さんのブログのタイトルが「物凄い腹痛!めまい!」とにんにくの副作用で体の不調を訴えました。

 

鬼龍院さんはにんにくを1個だけ食べるのはつまらないと思い「たくさん食べてみます!」と言って大量のにんにくを食べたのです。

 

その日は特に体調の変化はなかったそうですが、翌朝になると物凄い腹痛とめまいに襲われたそうです。そして後日、病院を訪ねると、にんにくの食べ過ぎだと判明したそうで、にんにくの食べ過ぎだには気をつけなければいけないことを学んだとブログに綴っていました。

 

副作用にならないにんにくの適量

副作用にならないにんにくの適量

にんにくは適量食べれば副作用は起こりませんし、むしろ健康に様々なメリットがあります。

 

ここからは、にんにくの適切な摂取目安量をみていきましょう。
1日あたりの適量は生ニンニクやおろしにんにくの場合は1片、加熱した場合は4片までとされています。

 

これは成人の方の量になるので、お子様や初めてにんにくを食べる方は、1日1片から2片に抑えておきましょう。お子様の場合はにんにく料理でも刺激が強いので様子を見ながら適度な量を決めると良いでしょう。
そして、にんにくの適量は個人差があるため、単純に大人と子供で変わるのではなく、胃腸が弱い方は控えたそうが良いです。にんにくを毎日摂取したいけど、生のにんにくや加熱したにんにくを食べると下痢や腹痛が起きてしまう方は、サプリメントを利用すると良いでしょう。

 

にんにくの副作用対策法

にんにくの副作用を予防するには、食べ過ぎないことが一番ですが、万が一、食べ過ぎてしまったときはどう対処すれば良いでしょうか?

 

例えば、にんにくを食べ過ぎた翌日に腹痛や下痢、疲労感やだるさを感じたら副作用の症状が出ているので、早めの対処をしましょう。

 

にんにくの食べ過ぎで胃腸が荒れてしまうのは、にんにくに含まれる成分アリシンによる強い殺菌作用が原因です。腸内にあるビフィズス菌や善玉菌までがアリシンにより除菌されてしまい、副作用が起きてしまうのです。

 

そのため、にんにくにより副作用が起きたら胃腸内の善玉菌が増える食べ物を摂取することを意識しましょう。

牛乳やヨーグルトを多めに摂取すると善玉菌の低減を防ぐ

例えば、牛乳やヨーグルトといった乳製品になたんぱく質が多く含まれており、にんにくに含まれる成分アリシンと結合して胃の粘膜を守ってくれます。副作用が起きる前に、にんにくを食べ過ぎたかなと思ったら、牛乳やヨーグルトを多めに摂取すると善玉菌の低減を防ぐことができます。
また乳製品はにんにくの強い臭いも消してくれるので、胃腸を保護と臭い消しが出来て一石二鳥です。

 

にんにくの副作用を抑えるには、乳製品の他にもチーズ、納豆、キムチといった発酵食品

にんにくの副作用を抑えるには、乳製品の他にもチーズ、納豆、キムチといった発酵食品も善玉菌を増やしてくれるのでオススメ。いつも下痢気味の方は、牛乳の乳糖を分解できない体質の場合があるので、自分に合った食べ物で腸内環境を整えていきましょう。

 

まとめ

今回は、にんにくを食べ過ぎると副作用をもたらしてしまうことを説明しました。
にんにくは食品ですから、医薬品ではないので、副作用というのは基本的にはありませんが、食べ過ぎると副作用のような症状が現れるというわけです。

にんにくは適度に食べると、健康に様々なメリットが得られる優秀な食品です。
しかし、食べ過ぎると腹痛や下痢といった副作用のような症状が起きることがあるので、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

 

にんにくの1日の摂取目安量は4片を超えないように気をつけてください。
万が一、食べ過ぎてしまったら、乳製品を食べて善玉菌を増やして、腸内環境を整えると効果的です。にんにく料理に入っている程度は、たくさん食べてもにんにくの食べ過ぎにななりませんので大丈夫です。ただし、にんにくをそのまま食べる時は、過剰摂取しやすいので注意してください。